サボってた記録まとめ + 雑記

前回投稿から全然戦績を挙げていなかったので結果だけでもあげようかと。

5/8 放浪皇争奪パイオニア 晴れる屋川崎
ラクドスサクリファイス ×〇×
ラクドスアグロ ××-
黒単ヴァンパイア 〇××
ロータスコンボ ×〇〇
エスパーコントロール ×〇〇

5/29 Let’s5 パイオニア 晴れる屋TC
青単スピリット ××-
グリクシスミッドレンジ ×〇×
イゼットフェニックス 〇〇-
緑単ストンピィ ×〇×
4Cスピリット 〇×〇

6/4 Let’s5 パイオニア 晴れる屋TC
ロアホールドシュート ×〇×
イゼット果敢 ×〇×
オルゾフヴァンパイア 〇〇
イゼット果敢 〇××
Bye

ここ最近の大会はずっとロータスコンボで2-3をかまし続けててどうしたもんかと思ったところに、某氏のnoteが更新されたため拝読。

https://note.com/wkmidori/n/n6a263127cdce

こちらの方、ロータスコンボで勝ちまくっている方です。
有益な情報を多く発信されており、一方的に勝手にフォローさせていただいております。

ロータスコンボ自体は決して弱いデッキではなく、でもなぜか自分が使うと勝てない。
勝てている相手は青白系コントロールやイゼットフェニックスなど、そもそも有利がついているマッチアップか、相手がクソほど事故っている時くらい。
まぁ要するにプレイがおかしいって話なんですが、いかんせん練習しようにも周りに有識者がおらず改善方法がまるで分らない。
そもそも普段は正しいと「思いこんでいる」プレイをして勝てないんだから、何が間違ってるかなんかわかるわけもなく。
こういった有識者が記事を上げてくれるのは非常にありがたく、練習不足に下駄を履くことができます。

で、そもそもなんで勝ててないのかっていうポイントが記事の中からいくつか見つけることができました。

1.マリガンが間違ってる
所謂フェアデッキではダブルマリガンが致命傷になることが多いため、マリガンに躊躇する癖がついており「最善手ではないけどまぁゲームはできそう」っていうハンドをキープしていました。
ただこのロータスコンボというデッキ、キルターンが4.5ターンかつまともなブロッカーが樹上の草食獣とピン刺しの願いのフェイくらいなものなので、チンタラやってると轢かれます。
そのため、最速コンボを決めるための最善手を引くまでマリガンするくらいの感覚が必要ということ。
2.サイドボーディングでゲームプランを変えすぎ
アグロ系の横に並ぶデッキが怖くて、根本原理パッケージ(出現の根本原理・全知・来世の警告)を全部落として全体除去+ウギンというサイドボーディングをしてました。
が、そもそも全体除去やらなんやらで延命するくらいなら最速コンボを決めたほうが当然強いので、一部のメタカード以外は変えないほうが良さそうです。
3.構築
とはいってもコンボデッキなので、大枠はあまり変わらないのですが「感電の反復」「時を超えた探索」の強さを見くびっていました。
実際に一人で回してみると上記2枚から一気に完走できることが多かったです。
願いのフェイを増やしてみたりガーガロスを入れてみたりしていましたが、延命するくらいなら最速完走を目指すのが良さそうです。

ひとまずは今回の教訓をもとに次の大会で色々試してみようと思います。(いつになるやら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。